2014052015054402.jpgブログ

ボスの長話にアロンソも引き気味?@メルボルン現地情報

2016年03月17日

無題

いよいよ2016年シーズン開幕! ムッシュ柴田氏によるフロム・ザ・パドックも木曜から、お送りします。まずはサインに応じる姿から、ドライバーの精神状態を占ってみたり。と、そんな大袈裟ではないんですが。話題の「あのTシャツ」も登場します。



○ ○ ○ ○ ○

秋空の広がったメルボルン・アルバートパーク。年間取材パスを受け取ったばかりのカメラマンがふたり、機材を転がしながらパドックへと向かっています。



秋空といっても木曜日は最高気温34度まで上がりました。でも金曜日からは雨が降り続き、気温も20度くらいまで急降下するようです。



まだ朝早く「今日のサイン会」の時刻表を作っているところ。



非公式サイン会では、すでにダニール・クビアトくんが、せっせとサインサービス中。見るたびに、もみあげが伸びているような気がする……。



キミ・ライコネン様は、ファンの歓声に振り向きもせず、一目散にパドックへと去っていきました。昨年ずいぶんサインしてくれてたのにな〜。ミーティングに遅れそうだったのか? トイレの危機だったのか?



対照的にジェンソン・バトンは、ずいぶん遠くからのファンの呼びかけに、わざわざ歩いていってサインに応じてました。



そのあと出会った、こちらの人と親しそうにおしゃべり。トロロッソを放出されて、フェラーリのリザーブドライバーになったジャン・エリック・ベルニュです。このふたりに、どういう接点があるのか、ちょっと意外なコンビ。フランスでは「ロマン・グロージャンより、はるかに才能がある」という評価もあるほどで、ジェンソンは、そのあたりのことをコース上で感じてたんでしょうか。

ちょっと、パドックをのぞいてみましょう。



チームカラーの変わったマノー。メカニックたちはダボっとした、つなぎを着用。ブルーとオレンジのラインが、映画「栄光のル・マン」のガルフカラーを思わせるレトロな雰囲気で、悪くない。



それに比べて、いろいろな意味で話題の、こちら。このデザインは、ちょっと……。





記事にも書きましたが、フェルナンド・アロンソ、そしてジェンソン・バトンともに、かたくなに着用を拒んでいる模様。



あ、ここにも着てない人が。というか、ロン・デニスは以前からチームウェアの類いは着ません。ただし前回のマクラーレン・ホンダ時代の若かりし頃は、確か白地に赤のマールボロを着ていたような記憶が。



それにしても、報道陣がたむろしている目の前で、わざわざアロンソ相手に意味深な話しあいをする姿を見せる。こういうことロンは、よくしますね。最初は熱心に聞いてるように振舞っていたアロンソも、完全に引いてる……?


プロフィール

F1速報

F1速報

「F1速報」はグランプリ後の木曜に発売。編集部ブログでは現場の雰囲気や小ネタ、各種告知などをお届けします。イベント、限定グッズ情報やウェブでの新企画もこちらでお知らせ。twitter:@F1Sokuho facebook:www.facebook.com/f1sokuho などSNSもフォローお願いします。

RSS2.0